法人・個人企業の方へ…外国人を雇用する意味


日本の企業にとって将来の少子高齢化・人口減にむかって内需ばかりでは企業の存続が難しくなるということから、広く製造現場や市場を海外に求め、その存続を図っていくためことが必要であると考えられます。海外に拠点を求める場合には、当然現地スタッフの養成は欠かすことができません。我が国が投資する企業は我が国と同じ高い品質の製品を作ることが求められますので、優秀な現地スタッフを国内で養成し、現地に送り込むということは、工場を作ることと同様に重要なことなのです。外国人を受け入れる というのはこういった企業の国際的発展・存続、国の経済の継続的発展のために必要不可欠とも言えるかもしれません。

 

そういう意味で企業が外国人を雇うということは、単に安い労働力を手に入れるということではなく、国際社会の一員として人を育てるという責務も負っていると考えられます。経済力で新興国に追い上げられ、将来は追い抜かれるであろうと予想されるわが国ですが、人的にも物的にもまだまだ海外に誇れる進んだ技術・文化は多々あります。飲食店に入ればきちんと店員が挨拶する、水が無料で出てくる、交通インフラはほとんど時間通りに動く、作業途中で終業時間が来ても放り出して帰る人間はいない…等々、国のGDPという数字では計れない価値を勤勉な私たち日本民族と日本経済は持っています。

 

不幸なことに外国人にはそういったことがスタンダードではありません。外国人の雇用にはそういった意味での文化的齟齬を超えなければならないところが多々あります。しかし、我が国の誇れるところを学んだ方々は、きっと世界のどこに行っても通用する人材になることは疑いがありません。ある意味でそういう気持で外国人に接しない限り労務問題をおこしたり、研修生の集団脱走などを招き、ひいては企業の社会的信用を大きく毀損することになります。

 

国内ではありえないような低賃金で働かせたり、不法在留であることを知って雇用を続けるということは、刑罰と言う法的制裁を受けるばかりでなく、会社の社会的信用ばかりか我が国の国際的評価を貶めることになります。正しい在留許可を得た外国人を雇用するように心がけましょう。

 

また、外国人採用に関してお困りのこと、相談がございましたら、何なりとお声をかけていただければと存じます。

 

 

 

 

     copyright  ©山下行政書士事務所 all rights reserved

 

 

 

Hey Visitor!